近藤麻理恵の片づけ法が米ネットフリックスでTV番組化

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

 著書『人生がときめく片づけの魔法』が世界40カ国以上で1100万部売れた近藤麻理恵が米ネットフリックスで「Tidying Up With Marie Kondo(近藤麻理恵とお片づけ)」というシリーズになり、順調に撮影が進んでいるとカルチャーオンライン雑誌 Vulture が伝えている。

 英語のタイトルは『The Life-Changing Magic of Tidying Up』で、「ときめく」を spark joy というフレーズにして爆発的に売れた。そのメソッドは、(1)手にとって気持ちがときめかないものは、その役割を終えたと感謝を込めて捨てる、(2)すべてのものの場所を決めるといったシンプルなもの。

 ストリーミングで提供される番組では、広い家からデトロイトの2LDKに引っ越してきた家族や、クリスマスツリーのデコレーションが多すぎる日系アメリカ人の家族まで、近藤が様々な家庭を訪れ、片づけを手伝うという内容だが、通訳を通して捨てるか捨てないかをアドバイスする様子が撮影されている。

 『片づけ』本が最初にアメリカで刊行された2014年は、特に女性の間で、クレンジングダイエットだの、マインドフル瞑想だの、ソウルサイクル自転車エクササイズだの、「人生が変わる」と謳ったブームが相次いだが、KonMari の片付けマジックは一過性の流行りではなかったということだろう。出演する家族は特に彼女のファンだったというわけでもなく、最初は通訳を介して「ものに感謝する」という日本的な発想に戸惑いながらも、写真や本を処分できるようになっていく。

参考リンク

Vultureの記事
https://www.vulture.com/2018/12/marie-kondo-tidying-up-netflix-series-set-visit.html

HON.jp 個人協賛/企業協賛募集中! 特典など詳細はこちら

スポンサードリンク

About 大原ケイ 165 Articles
NPO法人HON.jp 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。
タグ:

関連記事