アイドックが「KeyringPDF/SDK version 2.0」を提供開始、米Foxit社の電子書籍端末「eSlick」でも採用へ

【編集部記事】アイドック株式会社(本社:東京都品川区)は24日、PDF向けDRMソリューション「KeyringPDF」のサードパーティ向け開発キットである「KeyringPDF/SDK」のVersion 2.0を提供開始したことを発表した。

 KeyringPDF/SDKは昨年7月に同社が提供開始した電子書籍端末向けのPDF電子書籍DRMキットで、すでに富士通フロンテック製のカラー電子ペーパー端末「FLEPia(フレッピア)」シリーズが採用済み。

 今回のVersion 2.0ではネット接続が行なえない端末への対応が強化され、さっそく米Foxit社が販売する電子書籍端末「eSlick」でも採用されたとのこと。【hon.jp】n

問合せ先:アイドックのリリースページ( http://www.keyring.net/topics/press/2010/0224.html?utm_source=keyringnews&utm_medium=mail&utm_campaign=release0204

【PR】配信中の無料作品【テスト中】