フロッピーと同じ運命に? ジョブス氏が大手新聞社にFlashからHTML5・JavaScriptへ移行するよう促す

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】シリコンバレー界隈の情報サイト「ValleyWag」によると、米Apple社CEOのSteve Jobs氏は大手新聞社Wall Street Journal社幹部達に対し、今後はFlashからHTML5・JavaScriptに移行するよう説得した模様。

 記事によると、Wall Street Journal紙はFlashのヘビーユーザーで、iPadデモで同社を訪問したときにFlash技術の問題点について激しく言及。「フロッピーディスクと同じ」「CPU負荷が大きすぎる」などと発言し、iPad用コンテンツの制作のためHTML5・JavaScriptに移行するよう促したとのこと。

 Apple社は、過去にパソコンからフロッピードライブを切り捨てたり、逆に他社に先駆けてUSBポートやWiFiを積極採用したりなど、新・旧技術の取捨選択についてIT業界に大きな影響を与えることでも有名。その発言力から、今回の一連の“Flash切り捨て論”も、業界全体にとって大きなテーマになりそうだ。【hon.jp】n

問合せ先:米ValleyWagの記事( http://bit.ly/cjT2kB

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: