HON.jp News Blog

「iBooks」の後継アプリ「Apple Books」のティザーサイト日本語版が公開

Apple Books

《この記事は約 2 分で読めます》

 Apple Japan は6月21日、WWDC 2018で発表された「Apple Books」のティザーサイト日本語版を公開した。現在提供されている「iBooks」の後継アプリとして、今秋登場予定の iOS 12 正式版とともに提供される予定だ。

 iOS 11の「iBooks」は、下部のメニュータブが左から「ブック」「おすすめ」「ランキング」「検索」「購入済み」になっている。「Apple Books」では、左から「Reading Now(今すぐ読む)」「Library(ライブラリ)」「Books Store(ブックストア)」「Audiobooks(オーディオブック)」「Search(検索)」となっている。

 新設の「今すぐ読む」タブには、「Complete the Series」と「You Might Like」というメニューがあり、最近読み終えた作品に基づく別タイトルがレコメンドされるようだ。また、「iBooks」では少し下の階層にあった「オーディオブック」は、専用タブが新設される。「ブックストア」タブでは新たに、購入履歴に基づく推奨タイトルが見られる「For You」というメニューが用意される。

 [追記]本稿執筆時点で公式サイトに macOS版に関する記述は見つけられないが、TechCrunch Japan の報道によると「macOSバージョンも名前をApple Booksに変えて整合性を保つ」とのこと。

参考リンク

Apple Books、iPhoneとiPadのために新しくなり、読書を応援(Apple Japan)

Apple Booksは、iPhoneおよびiPadユーザが本とオーディオブックを楽しむのが快適になるように、完全に再設計された新アプリケーションです。
Apple Books、iPhoneとiPadのために新しくなり、読書を応援 - www.apple.com
モバイルバージョンを終了