Bill Rosenblatt氏、電子書籍ファイルの著作権保護対策としての「電子透かし」の現況について報告

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

【編集部記事】米Publishers Weeklyで、電子書籍業界のDRM事情に詳しいBill Rosenblatt氏のインタビュー記事が掲載されている。

 本記事は、電子書籍ファイルの著作権保護対策として「電子透かし」の現況についてインタビューしたもの。Rosenblatt氏によると、電子透かし技術はPDFが一般的な学術系出版社はすでに普及しているが、EPUB形式など商業系電子書籍については、米国のAmazonなど大手電子書籍ベンダーではまだDRM派が主流で、どちらかというと欧州圏でのケースが目立っている状態だとしている。その原因として、大手出版社が電子透かしの有効性について社内検証してもその結果は公開されることがなく、オープンな学術研究論文がまだ皆無であるという現状をあげている。

 ただ、Rosenblatt氏自身は、実際に現在も電子透かしを使い続けている出版社があることから、著作権保護対策として有効なのだろうと推測している。【hon.jp】

問合せ先:米Publishers Weeklyの記事( https://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/digital/copyright/article/74298-does-watermarking-actually-cut-down-on-e-book-piracy.html

HON.jp 個人協賛/企業協賛募集中! 特典など詳細はこちら

スポンサードリンク

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連記事