Hugh Howey氏、作家専用ワープロソフト「Neo」の開発を構想中

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】電子書籍市場調査サイト「Author Earnings」なども運営する有名個人作家Hugh Howey氏が、個人ブログサイトにおいて、作家専用ワープロソフト「Neo」の開発構想について語っている。

 同氏によると、Scrivenerなど現在の作家向けワープロソフトの多くが多機能化・巨大化してしまい、使いづらくなってしまったという。Neoでは、USBスティックからも起動できるほど小さなプログラムとすることを目指し、MOBI/EPUB形式ファイルをインポート可能にする。

 Neoは、まだあくまでもHowey氏個人の構想段階にあるため、実際の開発チーム集めはこれからだとしているが、記事上で紹介している設計や搭載機能には興味深いものも多い。【hon.jp】

問合せ先:Hugh Howey氏のブログ記事( http://www.hughhowey.com/neo-a-word-processor-for-authors/

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ