トランプ米大統領が予算案に署名、全米人文科学基金の全面カットはいったん回避

【編集部記事】現地報道によると、米トランプ政権の政府予算削減案の第一候補に挙げられていたNational Endowment for the Humanities (全米人文科学基金)の全面カットなどが、いったん回避された模様。

 同基金は米国議会図書館(本部:米国ワシントンD.C.)などが行なっている同国内の古新聞の電子アーカイブ事業「National Digital Newspaper Program」の原資ともなっている。当初のホワイトハウス案では全面カットする方針だったが、下院の与野党双方の議員たちが猛反発していた。今回トランプ大統領が、現会計年度(2016年10月~2017年9月)について譲歩し予算案に署名したため、関連機関やプロジェクトの閉鎖騒ぎは今秋まではいったん回避されたことになる。【hon.jp】

問合せ先:CNBCの報道( http://www.cnbc.com/2017/05/05/trump-signs-spending-bill-to-avert-government-shutdown.html