書籍出版大手の英Penguin Group、9月から電子書籍/紙書籍の同時発行体制へ移行開始

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】英Penguin Groupは今年9月から、同社のほぼ全作品シリーズにわたり、紙書籍発行のタイミングと同時に電子書籍化を行なう新しい体制への移行を始める。
 Penguin Groupは文芸・実用書籍のペーパーバック書の大手出版元で、2000年以降からはオーディオブックや電子書籍にも積極的に投資してきたが、実際にはサイドビジネス程度の扱いだった。今回の体制移行は、iPhoneやAmazon Kindleなどの発売がきっかけとなり、欧米出版業界における電子書籍の再評価ムードを受けたもの。英Telegraph紙の報道によると、電子書籍書籍版の価格は紙書籍版と同じにする模様で、旧作についてもすでに5000作品近くが電子書籍化の作業が始められているとのこと。
 なお、Penguin Groupは英学術出版グループPearsonの子会社でもある。【hon.jp】n

問合せ先:英Telegraph紙の本件に関する報道:http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2008/04/12/npenguin112.xml

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

この記事の著者について

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事