中国・大上科技、13.3型電子ペーパー搭載の電子書籍端末を開発中、OSとしてWindows 10採用も検討中

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「The Digital Reader」によると、中国の電子ペーパー関連機器ベンチャーの大上科技(本社:中国北京市、以後:Dasung)が公式Twitter上で、今年電子書籍端末市場に参入することを表明した模様。

 同社は現在、PC/Mac用13.3型電子ペーパーサブディスプレイ「Paperlike」は販売しているが、電子書籍端末は販売していない。現在開発中とおぼしき第1号機は、同じ13.3型電子ペーパーを採用しつつ、OS候補としてWindows 10も検討中とのこと。Microsoft社のARM CPU対応版Windows 10は、今年後半のリリースが予定されているため、もし仮に本機が実際に発売されるとすれば、それ以降になるものと予想される。【hon.jp】

問合せ先:The Digital Readerの記事( http://the-digital-reader.com/2016/12/31/dasung-teases-13-3-ereader/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /