米国の中小コミック卸会社Last Gasp社が流通業から撤退、「はだしのゲン」英訳版などを担当

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米Publishers Weeklyによると、米国の中小コミック出版社向けの流通代行業を行なってきたLast Gasp社(本社:米国カリフォルニア州)が、来年2月をもってコミック流通業から撤退し、従業員の大半をレイオフすることを発表したとのこと。

 Last Gasp社は、「はだしのゲン」(著:中沢啓治)など和製コミックの英訳版の制作や、左派・中小・アンダーグラウンド系のコミック作品を中心に流通代行業を営んできたが、マーケット縮小のため撤退を決断したとのこと。出版部門の数名だけを残し、今後は出版社としての業務に専念する予定。【hon.jp】

問合せ先:Publishers Weeklyの記事( http://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/industry-news/publisher-news/article/72221-last-gasp-shuts-down-its-distribution-operation.html

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連記事&広告