米3M、図書館システム子会社3M Library Systemsを売却へ、年間売上高は約120億円

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米Talking New Mediaによると、電気電子・化学メーカー大手の3M社(本社:米国ミネソタ州)が、図書館向け電子書籍貸し出しシステム「3M Cloud Library」なども運営している子会社3M Library Systems社(本社:同)の売却を発表した模様。

 3M Library Systems社は40年の歴史を持つ図書館向けシステム開発の老舗で、3Mグループの公共システム部門の一角。従業員100名と年間売上高1億ドル(約120億円)を誇り、2011年からは電子書籍貸し出しシステムの提供も開始していた。売却先は投資ファンドのOne Equity Partners Capital Advisors社で、ファンド傘下の図書館システム会社Biblioteca(本社:米国ジョージア州)に統合される予定。【hon.jp】

問合せ先:Talking New Mediaの記事( http://www.talkingnewmedia.com/2015/10/06/3m-sells-its-library-technologies-business-to-pe-firm/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。