紀伊國屋書店の学術電子図書館サービス「KinoDen」が、クラウド型電子書籍リーダー「bREADER Cloud」と連携

紀伊國屋書店「KinoDen」
紀伊國屋書店「KinoDen」

《この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です》

 株式会社紀伊國屋書店は3月25日、学術書を中心とした電子図書館サービス「KinoDen(キノデン) Kinokuniya Digital Library」に、株式会社インフォシティが新開発したクラウド型電子書籍リーダー「bREADER Cloud」アプリを連携させたことを発表した。

 「KinoDen」は2018年1月にサービスを開始、現在、国内外の大学、研究機関、企業、公共図書館など、120以上の法人に導入されている。従来はウェブブラウザから検索・閲覧するサービスだった。

 「bREADER Cloud」アプリは、インフォシティが3月11日に提供を開始したクラウド型電子書籍リーダー。専用クラウドストレージに保存した電子書籍(EPUBおよびPDF)を、iOS / Android向けアプリとブラウザで閲覧できる。ユーザー登録を行うだけで、だれでも100GBのストレージと月間5GBの通信が無料で利用できる。マイ本棚内の本は、全文串刺し検索も可能。

bREADER Cloud
ブラウザから(DRMフリーの)EPUBやPDFをマイ本棚に登録できる

 「KinoDen」のコンテンツは「bREADER Cloud」のマイ本棚へ簡単に登録でき、煩雑な手続きなく即座に閲覧が可能。電子図書館のコンテンツに限り、ストレージ容量や月間通信量を消費せずに利用できる。

 「bREADER Cloud」のビューアは、高速・軽快なページ送りや、ページのサムネイル表示、無段階文字拡大、色味変更、スライド・スクロール・ブックといったページ送り方法の選択や、縦書き横書きの切り替えなどが可能になっている。

bREADER Cloud
ページのサムネイル表示

 また、文字だけでなく画像にも追記可能なマーク機能もあり、同じアカウントでログインすることによりマルチデバイスで再現できる。

 こういった機能は、同じくインフォシティが紀伊國屋書店ウェブストア向けに提供しているアプリ「Kinoppy」とほぼ同等と思われる。DRMフリーのEPUBやPDFのビューアとして、良い選択肢の1つとなるだろう。

bREADER Cloud
ページめくり方法や縦書き横書きの切り替えメニュー

参考リンク

bREADER Cloud公式サイト
https://breader.cloud/
KinoDenのプレスリリース(共同PR)
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201903224546

HON.jp News Blogは広告費のほか、みなさまからの寄付金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 鷹野凌 212 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学 講師(デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)

関連記事

電子図書館サービス「LibrariE & TRC-DL」がアクセシビリティ強化でJIS X 8341-3:2016の適合レベルAAに準拠...  株式会社図書館流通センターは4月16日、電子図書館サービス「LibrariE & TRC-DL」のアクセシビリティ強化により、JIS X 8341-3:2016(高齢者・障害者等配慮設計指針 ― 情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス ― 第3部:ウェブコンテンツ)の適合レベル「AA」に準...
Microsoft Azureと連携、ACCESS「PUBLUS Reader for Browser」に音声読み上げ機能を実装へ  株式会社ACCESSは4月4日、EPUB 3対応電子書籍ビューワ「PUBLUS Reader」を日本マイクロソフト株式会社のクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」と連携し、新機能の開発を行うことを発表した。第1弾として、ブラウザ版の「PUBLUS Reader for Brow...
ついに日本語縦書きへ対応、iWork macOSとiOSのアップデート版が配信開始 ~ Pagesは縦書きのEPUB書き出しにも対応...  Apple Inc.は3月29日、macOSとiOSでiWorkアップデート版の配信を開始した。ワープロの「Pages」、表計算ソフトの「Numbers」、プレゼンソフトの「Keynote」のいずれも、縦書きに対応するなどの大型アップデートになっている。macOS版、iOS版どちらも、Pagesで...
電子図書館サービス「LibrariE」の導入館100館到達、取り扱いコンテンツは4万8000点に  株式会社日本電子図書館サービスは3月8日、同社が提供する電子図書館サービス「LibrariE(ライブラリエ)」の導入館が、100館に到達したことを発表した。取引出版社数は97社。取り扱いコンテンツ数は約4万8000点で、今後も月間1000点から1500点程度の増加予定になっており、2019年中には...
吉井順一×高見真也×村田真×小林龍生×三瓶徹×村瀬拓男「EPUB、A11Y、日本語書記技術、LCP、健全なネット取引」3月19日開催(Advanced Publishing Laboratory)...  Advanced Publishing Laboratory(APL)は3月19日、シンポジウム「EPUB、A11Y、日本語書記技術、LCP、健全なネット取引」を開催する。登壇者は吉井順一氏、高見真也氏、村田真氏、小林龍生氏、三瓶徹氏、村瀬拓男氏。 イベント概要 日時 2019年3月19...
出版デジタル機構がメディアドゥを吸収合併し電子取次事業などの集約予定を発表 ~ 存続会社は名称をメディアドゥに変更、新設立の出版デジタル機構がW3CやJPOなどと連携協力...  株式会社メディアドゥホールディングスは1月15日、連結子会社の合併に関するお知らせを発表した。株式会社出版デジタル機構が株式会社メディアドゥを3月1日に吸収合併し、電子書籍取次などの既存事業を集約する。合併後の法人名は、出版デジタル機構からメディアドゥへ変更される。また、新たに同名企業の出版デジタ...
固定レイアウトのEPUBファイルがブラウザ上から誰でも簡単に作成できるツールをブックウォーカーが無償で提供開始...  株式会社ブックウォーカーは1月15日、コミックなど固定レイアウトの電子書籍データ(EPUB形式)を誰でも無料で作成できるウェブツール「BOOK☆WALKER 電子コミック作成ツール」β版の提供を開始した。  BOOK☆WALKER 電子コミック作成ツールは、ブラウザ上で jpg や png ...
好きな本を誰かにギフトとして贈ることが可能な電子書店  あなたが好きな電子書籍を、家族や友人などにギフトとして贈ってみませんか? 金券的なギフトカードではなく、任意の本をギフトとして購入して誰かにプレゼントできる電子書店を集めてみました。もし他にもギフトができるところがあれば、情報をお寄せください。 Reader Store Reader...
インターネット技術の世界的標準化推進団体W3Cにメディアドゥホールディングスが加盟  株式会社メディアドゥホールディングスは12月18日、インターネット技術の世界的標準化推進団体である W3C(World Wide Web Consortium)に加盟したことを発表した。これによりメディアドゥホールディングスは、電子書籍の国際標準規格策定への提言活動をより強化するのと同時に、未来の...
W3Cなどが、EPUBCheck新バージョンのリリース前に資金援助を呼びかけ  EPUBで作った電子書籍のファイルにエラーがないかを公開前にチェックできる、EPUBCheckの新バージョンのリリースにあたって、関連団体が資金援助を求めている。  これは、ウェブの国際標準を決める団体ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアム(World Wide Web Consortiu...