紙vs.電子では研究者は電子書籍のほうが好き、シュプリンガー・ジャパン「イーブック白書Vol.6」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】科学・医学分野の学術書籍・学術ジャーナル大手Springer Science+Business Mediaグループ(本社:ドイツ・ベルリン市)の日本法人は6月10日、日本の研究者を対象に電子書籍(英文学術書の電子版)に関する利用行動調査を実施し、「イーブック白書」として無料公開した。

 調査期間は昨年3月1日〜11月30日で、有効回答数は1,174人。白書によると、電子書籍の利用についてその経験の有無を尋ねたところ、全体で49%の人が「利用経験がある」と回答し。そのうち「紙の書籍に比べ電子書籍をどう思うか」という質問に対し、紙書籍を選択したのは11%にとどまり、81%が電子書籍を支持したとのこと。【hon.jp】

問合せ先:シュプリンガー・ジャパン「イーブック白書Vol.6」( http://www.springer.jp/librarian/files/WhitePaper6.pdf ※注:PDF形式)

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。