カナダの図書館協会、公共図書館向け電子書籍価格の適正化について、要請強化

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

【編集部記事】米国の電子知財ブログ「The Passive Voice」によると、公共図書館向け電子書籍価格の適正化を訴えるカナダ公共図書館協会Canadian Library Association(本部:カナダ・オンタリオ州)の「Fair Pricing for Libraries」グループは先月末、昨年夏から始めた大手出版社への価格引き下げ要請運動を強化開始した。

 Fair Pricing for Librariesは、電子書籍の図書館納入価格が一般価格の4〜5倍以上と高価であることを、政府関係者や出版業界に向けて抗議するグループで、最新タイトルの実際の“図書館価格”もサイト上で開示している。

 今回、さらに追加の声明を発表し、図書館ごとの予算事情に合わせた、複数のライセンス価格方式(ハイブリッドモデル)が自由に混合できるよう、大手出版社などに要請している。【hon.jp】

問合せ先:Telereadの記事( http://www.thepassivevoice.com/2016/04/libraries-call-on-multinational-publishers-for-fair-ebook-pricing/

HON.jp 個人協賛/企業協賛募集中! 特典など詳細はこちら

スポンサードリンク

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。