米書店チェーン最大手Barnes & Noble社、自社の電子教科書ビューワーアプリ「Yuzu」を廃棄、Ingram製ビューワに総切り替え

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米Publishers Weeklyによると、書店チェーン最大手のBarnes & Noble社(本社:米国ニューヨーク州)の大学書店チェーン子会社Barnes & Noble Education(本社:同)が、2年前に公開した大学生向け電子教科書ビューワーアプリ「Yuzu」を運用停止し、米書籍流通大手Ingramグループ(本社:米国テネシー州)の電子教科書ソリューション会社Vital Source Technologies社(本社:同)のプラットフォームに移行することを明らかにした。

 Barnes & Noble社は2010年から「NOOKstudy」というPC/Mac用電子書籍教科書ビューワソフトを独自フォーマットで公開してきたが、2014年にEPUB3形式へのフォーマットシフトに伴い新プラットフォーム「Yuzu」への移行。しかし、このままでは顧客ニーズに応えきれないという経営判断から、このYuzuもあきらめ、Ingram製ソリューションの採用を決断したとのこと。

 これに伴い、カリフォルニア州などに設置していたYuzuの開発部署は閉鎖されることになる。【hon.jp】

問合せ先:Publishers Weeklyの記事( http://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/industry-news/financial-reporting/article/69599-b-n-education-takes-12-million-charge-in-digital-revamp.html

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事&広告