米書店チェーン最大手Barnes & Noble、英国だけを残し、海外の電子書籍市場参入を断念

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「Ink, Bits, & Pixels」によると、書店チェーン最大手のBarnes & Noble社(本社:米国ニューヨーク州)は今週、英国以外の海外ユーザーに対し、サービス撤退の案内をメール開始したとのこと。

 Barnes & Nobles社の電子書籍販売部門は2012年から英国市場に本格参入し、昨年夏から韓国Samsung製の電子書籍タブレット「Galaxy Tab 4 Nook」やWindows 8アプリを足がかりに近隣国へ参入。しかし、業績振るわず、米国・英国2国のみに注力することに戦略変更した模様。

 これに伴い、オーストラリアやカナダを含め、Windows版Nookなども英国以外の海外国は8月から運用停止されることになるとのこと。【hon.jp】

問合せ先:Ink, Bits, & Pixelsの記事( http://the-digital-reader.com/2015/07/08/the-beginning-of-the-end-bn-shutters-the-international-nook-store/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: