米ITコンサルタント会社West Monroe Partners、ネット接続が途切れがちのアフリカでの電子図書館DRM手法を紹介

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米国のITコンサルタント会社中堅のWest Monroe Partners社(本社:米国イリノイ州)が、自社が今年アフリカ・ルワンダで運用開始した電子書籍DRMの構築事例を紹介している。

 この電子書籍DRMは、ニューヨークの電子図書館普及NPO団体Library for Allとルワンダ政府からの要請で構築したもの。通信インフラがまだまだ未整備で、ネット接続が途切れることの多いルワンダ国内では、貸出冊数管理で使うDRMがうまく機能するよう、特別な設計が必要だったとのこと。

 West Monroe Partners社では、海外の中央ホストを使わず、図書館・学校それぞれに独立したCouchDBベースの電子図書館サーバーを設置し、電子書籍ビューワアプリの秘密鍵情報を任意同期させるアプローチを採用したとのこと。【hon.jp】

問合せ先:West Monroe Partners社の公式ブログ( http://blog.westmonroepartners.com/leveraging-open-source-technology-to-deliver-ebooks-in-rwanda/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。