ウォール街で米書店チェーン最大手Barnes & Nobleに再び経営不安説、1年間で長期債務残高が3倍に

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米CNN等の報道によると、ウォール街で米国の書店チェーン最大手Barnes & Noble社(本社:米国ニューヨーク州)に経営不安説が再び流れており、株価が急落し始めているとのこと。

 今回の株価下落に引き金となったのは、Black Fridayを含む第3四半期の売上が軟調で電子書籍端末「Nook」部門の赤字額が相変わらず改善されなかったという報告に加え、1年前と比較して3倍に急増した長期債務残高。長期債務の急増はMichael Huseby前CEOへの報酬支払いが原因のようだが、過去5年間にそのCEOが4人交代していることもあって、先週だけで株価が23%以上下落している。【hon.jp】

問合せ先:米CNNの報道( http://money.cnn.com/2015/12/04/investing/barnes-and-noble-sales-nook-amazon/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事