米Barnes & Noble社、電子書籍端末「Nook」の2モデルを小売チェーン最大手のWalmartで販売開始

[この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。]

【編集部記事】米書店チェーン最大手のBarnes & Noble社(本社:米国ニューヨーク州)は現地時間10月21日、米小売チェーン最大手の米Walmart(本社:米国アーカンソー州)の主要店舗で同社の電子書籍「Nook」シリーズの販売を開始すると発表した。

 店頭に並べられるのは「NOOK 3G(AT&Tの3G+ Wi-Fi)」と「NOOK Wi-Fi(Wi-Fiのみ)の2モデルで、Walmartチェーン店とオンラインストアの両方で販売する。10月24日開始予定。Barnes & Noble社とWalmart社はもともと書籍販売分野で競合関係にあるが、電子書籍については手を組むことにした模様だ。

 なお、WalmartはすでにiPadの取り扱いを開始しているが、EC分野の競合相手であるAmazon社のKindleシリーズは現在も取り扱っていない。【hon.jp】n

問合せ先:Barnes & Noble社のリリース( http://www.barnesandnobleinc.com/press_releases/2010_oct_21_walmart.html

渡辺由佳里×藤井太洋

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。