WiFi/ボタンペダル付き、189ドルの書籍“自炊”用スキャナー「Czur」がクラウドファンディング成功

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「Teleread」によると、米国の大手クラウドファンディングサイト「Indigogo」で、低価格の書籍“自炊”用スキャナーが資金調達に成功したとのこと。

 資金調達に成功したのは、中国の書籍スキャナー開発ベンチャーCzurTek社(本社:中国広東省)の新ハードウェア「Czur」。日本でも個人向け書籍スキャナーとしてPFU「ScanSnap SV600」などが販売されているが、Czurの最大の特徴はCPUを内蔵している点で、イメージ補正なども内部的に行なう。WiFi内蔵で、専用クラウドを介してスマートフォンやタブレットに直接データ送信できる。ボタンペダルも標準添付され、HDMIポートを使って教室などの液晶プロジェクターと接続できるようになっている。

 Indigogoでの初期ロットの価格は189ドル(約2.3万円)。【hon.jp】

問合せ先:Teleread.comの記事( http://www.teleread.com/publishing/scan-a-book-in-five-minutes-199-smart-scanner-with-foot-pedal-and-wifi-support/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: