意外に儲かる? 話題のPOD機「Espresso Book Machine」の投資回収期間はわずか1年半〜4年程度

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「Teleread」によると、On Demand Books社(本社:米国ニューヨーク州)が販売する低価格プリント・オン・デマンド機器「Espresso Book Machine」の投資回収期間が予想以上に短いことが判明したとのこと。

 「Espresso Book Machine」は1,000万円前後するプリント・オン・デマンド機器で、ネットワークを介して電子書籍データからフルカラーの紙書籍を数分で制作できる。同機設置により、出荷・返品・断裁が不要になり、経費削減や多種の書籍の提供が可能になる。

 記事によると、サンフランシスコ市のBorderlands書店による実績データでは、印刷所代わりに来店する電子書籍の個人作家ユーザーが売上の9割を占めており、最短1年半〜最長4年5月程度で投資回収するペースにあるとのこと。Telereadでは、将来的にはガソリンスタンドやスーパーなどにこのような低価格POD機が設置される可能性も高くなってきたと分析している。【hon.jp】

問合せ先:Teleread.comの記事( http://www.teleread.com/ebooks/borderlands-bookstore-owner-recalculates-espresso-not-so-expensive-after-all/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。