背面に電子ペーパーを搭載したAndroidスマートフォン「YotaPhone」、中国でも正式発売

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】ロシアのWiMAXデータ通信キャリアのYota社(本社:ロシア・サンクトペテルブルク市)は今週、背面に電子ペーパーディスプレイを搭載したことでギークたちに話題のAndroidスマートフォン「YotaPhone」シリーズの最新モデルを、中国国内でも販売開始した。

 今回発売されるのは最新モデル「YotaPhone 2」で、ボディ形状は一般的なAndroidスマートフォンで、背面に台湾E-Ink製の電子ペーパースクリーンを搭載。FBReaderなどのサードパーティ製電子書籍ビューワも対応しており、価格は他国よりかなり高めの4,888人民元 (約9.7万円)。【hon.jp】

問合せ先:YotaPhone中国向けサイト( https://yotaphone.com/cn-zh-cn/

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連コンテンツ