背面に電子ペーパーを搭載したAndroidスマートフォン「YotaPhone」、新モデル「Yota3」を正式発表

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米Engadgetによると、香港の投資会社Baoli Technologies Holdings社(旧社名:REX Global Entertainment Holdings)傘下のスマホデザインメーカーYota Devices社(本社:ロシア・サンクトペテルブルク市)が、背面に電子ペーパーディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン「YotaPhone」シリーズの新モデル「Yota3」を正式発表したとのこと。

 4年ぶりとなるこの新モデルは、Yota Devices社のロシア語ホームページ上で今年4月にティーザー告知されていたが、今回の正式発表ではスペック概要等を発表。ハードウェア製造は中国スマートフォン製造大手CoolPad Group(本社:中国広東省)が担当し、背面の電子ペーパーディスプレイは4.7型→5.1型にサイズアップ。ユーザーターゲットをミッドレンジ層に変更し、約350ドル(約3.8万円)と低コスト化する予定。

 今秋、ロシア・中国市場を中心に発売を計画している模様。【hon.jp】

問合せ先:米Engadgetの記事( https://www.engadget.com/2017/06/18/yotaphone-3-yota3-specs-snapdragon-625/

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事