AAP発表、米国内の2014年の電子書籍売上高は前年比+5%、売上占有率は23%

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の出版業界ニュースサイト「Publishers Lunch」によると、米国の出版社業界団体の1つであるAssociation of American Publishers(本部:米国ニューヨーク州)が米国の2014年通期の市場統計情報の速報値を発表した模様。

 それによると、電子書籍部門の売上高は15.19億ドル(約1,845億円)で、前年比+5%の成長。業界全体における電子書籍の売上占有率は23%で、そのうち大人向け電子書籍部門の売上高は27%と相変わらず好調とのこと。

 なお、本統計はすべて出版社純売上(卸売)ベースであるため、小売ベースでの金額はさらにこの2倍強程度になっているものと推測される。また、個人作家・宗教などの電子書籍の売上数字は上記に含まれていない。【hon.jp】

問合せ先:Publishers Lunchの記事( http://lunch.publishersmarketplace.com/2015/03/trade-finishes-well-in-december-though-adult-hardcovers-remain-down/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。