Apple社が次期「iOS 8」を今秋リリースへ、電子書籍ビューワアプリ「iBooks」はOS本体に統合

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米Apple社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間6月2日、同日からサンフランシスコ市内で開催されたApple開発者向けカンファレンス「Worldwide Developers Conference(以後:WWDC)」でiPhone・iPad向けOSの次期バージョン「iOS 8」を発表した。

 今秋リリースされる予定のiOS 8では、電子書籍ビューワアプリ「iBooks」はOS本体に統合され、夜読書モードの自動感知、シリーズ作品の認識などの機能追加が行なわれる予定。

 なお、iOS 8の新しいFamily Sharing機能を使えば、購入した電子書籍を家族のApple ID(最大6台)で共有することが可能。アクセシビリティー関連では、標準でブライユ6点字キーボードも追加されるとのこと。【hon.jp】

問合せ先:米PC Magazineの記事( http://www.pcmag.com/article2/0,2817,2458856,00.asp )

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事&広告