米国Apple社、AppleTVユーザー向け電子書籍ビューワアプリ「iBooks StoryTime」を公開、児童書専用

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米Apple社(本社:米国カリフォルニア州)は先週末、同社が販売するテレビ向け小型ネットデバイス「AppleTV」ユーザー向けに、電子書籍ビューワアプリ「iBooks StoryTime」を公開した。

 AppleTV向けの電子書籍ビューワアプリはまだまだ珍しいが、iBooks StoryTimeは児童書読み聞かせ専用となっており、音読データを再生しながら大画面を使ってページをめくっていく設計となっている。合成音声コマンド入力機能Siriを搭載した専用リモコン「Siri Remote」に、ページめくりを指示することも可能。

 同社のiPhone/iPad/Mac向け電子書籍ストア「iBooks」の専用コーナーとなっており、作品自体の購入自体はそれらのデバイス上で行なうこともできる。まずは米国のみでのスタートだが、アプリ自体は、すでに日本語を含め、英語以外の主要各言語にも対応済み。【hon.jp】

問合せ先:米国Apple社のiBooks StoryTime案内ページ( https://support.apple.com/ja-jp/HT205930

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ