米雑誌社大手Conde Nast、Amazon社に紙雑誌・電子雑誌のバンドル販売バックエンド業務を委託

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】現地報道によると、米雑誌社大手のConde Nast社(本社:米国ニューヨーク州)は8月20日、Amazon社(本社:米国ワシントン州)と提携し、自社の紙雑誌・電子雑誌の定期購読・バンドル販売業務を委託した模様。

 記事によると、対象となるのは「Vogue」「Wired」「Vanity Fair」など7誌で、それぞれの定期購読者は紙・電子の両誌が読み放題になるとのこと。バックエンドを担当するAmazon社は、30%の販売マージンの対価として、購読者属性など広告クライアント向け情報をConde Nast側に開示する。

 米国のメディア部数統計をとっているAlliance for Audited Mediaによると、Conde Nast社の雑誌の実売部数は全誌あわせて1,850万部程度。【hon.jp】

問合せ先:Conde Nastのバンドル販売ページ( https://subscribe.condenastdigital.com/subscribe/crosssite-cn/83005

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /