米Amazon社がロシア参入に向け準備中、出版物については「まず電子書籍のみ」

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】Frankfurt Book Fair事務局が運営する米国向け出版業界ニュースサイト「Publishing Perspectives」によると、Amazon社(本社:米国カリフォルニア州)はロシア版サイト立ち上げに向け、現地の大手出版社との交渉を進めているとのこと。

 欧米の大手ECベンダーの多くは、国土の広さや政治体制の関係でまだロシア参入を果たしておらず、Amazon社もその1社。Amazon社ではそのため、書籍商品については紙書籍は販売せず、まずKindle版のみの販売から始めるとのこと。

 ロシアは、前メドヴェージェフ政権時代から教育現場への電子書籍導入をうたい、欧米の関連ベンチャーをいくつか買収・誘致したりしている。しかし、実際には国民に読まれている電子書籍の9割以上は違法コピー版で、世界的に見てもその比率は圧倒的に高い。【hon.jp】

問合せ先:Publishing Perspectiveの記事( http://publishingperspectives.com/2013/08/amazon-busy-negotiating-first-russian-ebook-contracts/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: