フランス文化相、書店業界をAmazonから守るため、電子機器購入に対する増税と配達無料禁止令を提案

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米cnbc.comによると、フランスのAurélie Filippetti文化相がAmazon社(本社:米国ワシントン州)によって引き起こされている国内書店業界の衰退に対処するため、Kindleやスマートフォンなど電子デバイス購入への増税および配達無料サービスの禁止令を検討していることを明らかにしたとこと。

 これはボルドー市内で行なわれた講演会で表明したもので、書店業界を支援するために政府と出版団体が共同設立した900万ユーロ(約11億円)の支援基金にからみ明らかにしたもの。

  Filippetti文化相は「これ以上、英語圏の資本によるフランス語文化の侵略を許してはならない」と発言している。【hon.jp】

問合せ先:米cnbc.comの報道( http://www.cnbc.com/id/100787160

noteで書く

広告

HON.jp News Blogをフォローする

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事