米国の電子書籍売上の約25%は個人作家の作品によるもの、Barnes & Noble社のプレスリリースが示唆

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】英国の個人作家であるDavid Gaughran氏が、先週Barnes & Nobles社が発表した個人作家向け電子書籍出版サービス「NOOK Press」のプレスリリース文で、興味深い一文を見つけたとのこと。

 先週10日にBarnes & Nobles社が公開したプレスリリースには、「Nookの電子書籍売上の25%は個人作家の作品である」とそれとなく書かれている。Amazon社同様、Barnes & Nobles社も電子書籍売上数値についてはほとんど極秘扱いしている中、これはきわめて貴重な情報で、実質的には他社も同じような比率である推測される。

 これにより、AAP/Bowker等が発表している電子書籍市場の統計数値と、実際の市場数値が、大きく乖離していることがわかる。【hon.jp】

問合せ先:David Gaughran氏のブログ記事( http://davidgaughran.wordpress.com/2013/04/12/self-publishing-grabs-huge-market-share-from-traditional-publishers/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: