Amazonに続け?Apple社も電子書籍などの中古売買に関する特許を申請中であることが判明

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】先月、Amazon社(本社:米国ワシントン州)に電子書籍やアプリなどデジタル著作物の中古販売に関する特許が認定されたばかりだが、今度はApple社(本社:米国カリフォルニア州)も別方式で同様な特許を申請中であることが判明した。

 Apple関連ニュースサイト「AppleInsider」によると、Apple社が現在申請中の特許名は「Managing access to digital content items」など計3件で、2011年に申請。Amazon社の特許とはまったく違う方式の仕組みで、Amazon側が“集中管理型”だとすれば、Apple側は“分散型”のシステム設計をとっている。【hon.jp】

問合せ先:AppleInsiderの記事( http://appleinsider.com/articles/13/03/07/apples-digital-content-resale-and-loan-system-could-allow-drm-transfers-between-end-users

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

この記事の著者について

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連記事