大再編の米出版界は“Big-Six”から“Big-Two”へ? 今度はHarperCollins/Simon & Schuster合併話

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米Wall Street Journal紙報道によると、出版大手HarperCollins社の親会社News Corporationグループが、CBSグループ傘下のSimon & Schuster社との合併話に入ったとのこと。

 北米の大手出版社は、通称“Big-Six”という6社(Hachette Book Group USA/HarperCollins/Macmillan/Penguin Group/Random House/Simon & Schuster)が有名だが、電子書籍時代の本格化でそのうちの米Random House社(独Bertelsmannグループ)と英Penguin社(英Pearsonグループ)が先月末に提携・合併を発表したばかり。この流れに遅れまいと、やはりHarperCollins社の切り離しを模索していたNews Corporationグループが、業績不振のSimon & Schuster社の合併吸収を希望した模様だ。

 Big-Sixが、来年夏までに“Big-Two”になってしまう可能性が濃厚になってきた。【hon.jp】

問合せ先:米Wall Street Journal紙の記事( http://on.wsj.com/Ta97Zz

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連記事&広告