中国のネット小説/電子書籍読者は2.97億人、Forbes富豪リスト級の個人作家も

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米Wall Street Journal紙によると、中国のネット小説/電子書籍ブームが止まらず、同国のネット人口の43%に相当する2.97億人にまで読者数が膨らんでいるとのこと。

 中国はスマホブーム以来、オンライン小説投稿サイトが急増し、電子書籍ストアとの融合が進んでいる。現在先頭を走っているのが2014年にネット小説部門を新設したネットポータル大手Tencent(本社:中国広東省)で、昨年、電子書籍端末「Bambook」なども販売している電子書籍ポータル大手Shanda Interactive Entertainment社(本社:中国上海市)の電子出版部門を買収。英語圏の最大手Wattpad社にはまだ遠く及ばないが、それでも関連8サイト合計で作家数400万人、1,000万作品にまで成長しているという。

 系列サイトの中には、課金型の小説投稿サイトもあり、Forbe富豪リスト級の個人作家も登場し始めているという。【hon.jp】

問合せ先:米Wall Street Journal紙の記事( http://www.wsj.com/articles/online-fiction-becomes-chinese-cultural-force-1469035251

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: