個人情報を保護する最強兵器? 米Apple社が「でたらめ個人プロフィール」を大量生成するビジネス特許を取得

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】FacebookやGoogleなどの台頭で、ネット上での個人情報保護がますます難しくなりつつある現代だが、米Mac系ニュースサイト「The Mac Observer」によると、それを阻止する方法をApple社(本社:米国カリフォルニア州)が特許として取得した模様。

 記事によると、今回米国特許商標庁からApple社に正式認定されたのは「Techniques to pollute electronic profiling」という特許で、要は自分の個人プロフィールのクローンを大量生成し、その内容をでたらめなものにするというもの。

 すでに一部サービスではこの手法が運用開始されている模様で、これにより、SNSサービスやセマンテックWeb系クローラー、ネット広告代理店、海外諜報機関による個人特定はほぼ不可能になるだろうとのこと。【hon.jp】

問合せ先:The Mac Observerの記事( http://www.macobserver.com/tmo/article/apple_granted_patent_to_create_identity_clones/

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連コンテンツ