米Barnes & Noble社が電子書籍ビジネスを別法人化へ、Microsoft社も3億ドルを出資

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米書店チェーン最大手のBarnes & Noble社(本社:米国ニューヨーク州)は現地時間の4月30日、同社の電子書籍端末「Nook」と関連部門および教育事業部門を別会社化(社名は未定)することを発表した。

 新しく設立されるこの新会社は、株式の82.4%をBarnes & Noble側が保有し、残り17.6%をMicrosoft社(本社:米国ワシントン州)が3億ドル(約240億円)が出資する予定。さらに、Microsoft側はこの新会社に追加的な資金供給を行なう代わりに、新会社を通じた電子書籍の売上から一定のレベニューシェアを受け取る契約となっている模様。

 次期Windows 8向けにNookアプリが提供されることも明らかにされたが、Windows標準アプリの1つに組み込まれるのかどうかについては不明。【hon.jp】

問合せ先:Barnes & Noble社のニュースリリース( http://www.barnesandnobleinc.com/press_releases/4_30_12_bn_microsoft_strategic_partnership.html

noteで書く

広告

HON.jp News Blogをフォローする

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事