米Barnes & Noble社が電子書籍端末「NOOK」モノクロ版の新モデルを発表、価格は139ドル

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米書店チェーン最大手のBarnes & Noble社(本社:米国ニューヨーク州)は現地時間の5月24日、同社の電子書籍端末「NOOK」モノクロ版の新型モデルを発表した。価格は139ドル(約11,300円)。

 NOOKシリーズには現在、モノクロ電子ペーパーディスプレイを採用した「NOOK」とカラー液晶モデルを採用した「NOOKcolor」の2ラインがあるが、今回発表されたのは前者の新型モデル。この新型NOOKでは6型のE-Ink製電子ペーパーディスプレイを採用し、タッチインターフェイスでページめくりが可能。ボディデザインもシンプル化され、バッテリーも最大2ヶ月の連続稼働できるよう増強されている。すでに同社ページでは予約販売が開始されており、出荷は6月10日の予定。

 なお、2画面式である従来のモノクロ版NOOKは「NOOK 1st Edition」と名称変更され、フェーズアウトされる模様。【hon.jp】n

問合せ先:新型Nookの製品概要ページ( http://www.barnesandnoble.com/nook/features/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /