“右→左”に対応、米VIZ mediaがBarnes & Noble社の電子書籍端末「Nook」カラー機種に作品を供給開始

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】日本のコミックを米国向けに翻訳出版しているVIZ Media社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間の12月20日、現地書店チェーン最大手Barnes & Noble社(本社:米国ニューヨーク州)の電子書籍端末「Nook」シリーズ向けに、電子コミックを販売開始したことを明らかにした。

 今回電子コミックが販売されるのはカラー機種「NOOK Tablet」「NOOK Color」の2モデルのみ。プレスリリースによると、Barnes & Noble社は和製コミックに対応するため、右閉じ(右→左ページ方向)のフォーマット(EPUB3形式なのか独自形式かは不明)に対応したとのこと。

 VIZ Media社は小学館集英社プロダクション(本社:東京都千代田区)のグループ会社で、1980年代から小学館や集英社の和製コミックを現地向けに再編集・販売している。【hon.jp】

問合せ先:VIZ mediaのプレスリリース( http://bit.ly/tpy3My

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /