文学フリマ事務局、「第三十回文学フリマ東京」開催中止を発表 〜 新型コロナウイルス感染拡大を受け

文学フリマ事務局のお知らせ
文学フリマ事務局のお知らせ
noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

 文学フリマ事務局は3月26日、東京流通センターで5月6日に開催予定だった「第三十回文学フリマ東京」の中止を発表した。新型コロナウイルス感染拡大を受けての対応。

 サークルから支払われた出店料は、経費を差し引き50%を返金する。返金手続きの詳細は、出店者へ個別にメール済み。次回は「第三十一回文学フリマ東京」として11月22日に開催予定。

 なお、3月22日に開催を予定していた「第四回文学フリマ前橋」も中止となっている。文学フリマ事務局は、他の類似イベントや6月以降の文学フリマ(他地域を含む)に対し、同様の判断を迫るような言動は慎んでいただきたいとしている。

 また、事務局代表の望月倫彦氏は、開催中止を謝罪するとともに「作品を作り続けてください。作品を読みつづけてください。」と呼びかけている。同時に、行政の“補填なき自粛要請”が民間に負担を強いている状況を批判している。

参考リンク

文学フリマ事務局のお知らせ
https://bunfree.net/information/tokyo30_cancelled/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

鷹野凌
About 鷹野凌 510 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の非常勤講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)。アイコンは©鈴木みそ氏
タグ: / /

関連記事&広告