U-NEXT、電子書籍サービスの統合リニューアルから1年で売上9.3倍に

U-NEXTリニューアル1周年記念キャンペーンのお知らせ
U-NEXTリニューアル1周年記念キャンペーンのお知らせ
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 株式会社U-NEXTは1月31日、「U-NEXT」の電子書籍サービスリニューアル1周年の実績と、記念キャンペーンの実施を発表した。2019年1月と12月の売上を比較すると、9.3倍に成長しているとのこと。

 U-NEXTはこの成長要因として、映像と電子書籍を1つのアプリでシームレスに楽しめるサービスで、映画の公開やTV放送に合わせて原作が売れるといった消費ニーズを捉えていること。そして、月額会員に毎月チャージされる1200円分のポイントを超えて購入した場合、最大40%をポイント還元している施策を挙げている。

 現状、会員の25%が電子書籍を利用し、21%が映像と電子書籍を併用しているという。アニメは見放題作品が9割を占めるため、ポイントの使い道として電子マンガを購入するユーザーも多いようだ。電子書籍の利用層は、約6割が20代以下とのこと。

 U-NEXTではリニューアル1周年を記念し、2月1日から4週連続でキャンペーンが行われている。『鬼滅の刃』『Re:ゼロから始める異世界生活』など、映像とマンガの両方が楽しめる400作品が、無料配信されている。

 U-NEXTは、2009年に株式会社USEN子会社より新設分割で設立、映像配信サービス事業を主軸とする。2014年4月から、東芝「BookPlace」をベースとしたU-NEXT会員向けの「BookPlace for U-NEXT」を展開。2015年9月に東芝「BookPlace」を事業継承、2019年1月に統合してリニューアルした。

参考リンク

U-NEXTリニューアル1周年記念キャンペーンのお知らせ
https://unext.co.jp/blog/book-renewal-1st-anniversary-campaign-2020-01-31

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

この記事の著者について

About 鷹野凌 366 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の非常勤講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ: / / /

関連記事

コメントする

avatar
1000