「NPO法人 本の学校 出版産業シンポジウム 2019 in 東京 ~神保町で 本の“いま”を 語ろう~」10月27日東京で開催(松井祐輔/辻山良雄/田口幹人/加藤貞顕/柿内芳文/野末俊比古/木下通子/福田孝子/小野寺優/古幡瑞穂ほか)

本の学校公式サイトより
本の学校公式サイトより
noteで書く

《この記事は約 4 分で読めます》

 NPO法人 本の学校は10月27日、東京都千代田区の専修大学神田キャンパスにて、神保町ブックフェスティバルの協賛イベント「本の学校出版産業シンポジウム 2019 in 東京」を開催する。本に関わる4つのフォーラムが、2つずつ2部構成で実施される。

イベント概要

日時

2019年10月27日(日)12時30分から15時50分(12時受付開始)
(※18時30分から交流会も開催)

場所

東京都千代田区神田神保町3-8
専修大学神田キャンパス5号館(地図

内容・登壇者

第1フォーラム「本屋を開業する2」(12時30分から14時)

 個人による本屋の開業がますます増えつづけています。これから本屋を開業しようとしている人も後を絶ちません。こうした状況に鑑み、本分科会では昨年に引き続き本屋を開業する方法について討議します。本年は専業の書店経営者、取次勤務の書店運営者と、立場は異なりつつも、開業を経験している2人にさまざまな視点から、その方法や技術について語っていただきます。

【コーディネーター】

松井祐輔氏(H.A.BOOKSTORE)

【パネリスト】

辻山良雄氏(Title)
田口幹人氏(リーディングスタイル)

第2フォーラム「新しい出版──編集の未来と原点を語る」(12時30分から14時)

 コンテンツ配信サイト「cakes」と、クリエイターと読者をつなぐメディアプラットフォーム「note」を展開し、広告収入以外の事業モデルを確立して、成長を遂げているピースオブケイク代表の加藤貞顕氏。『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』や『嫌われる勇気』『漫画君たちはどう生きるか』の3つのミリオンセラーを編集し、立ち上げた新会社STOKEでは「教育」×「出版」の分野も編集していく柿内芳文氏。数々のヒットを生み出しながら、常に新しい挑戦を続けるふたりの原点には「編集」があります。最前線で活躍する二人に、「編集」の未来と原点を語っていただきます。

【パネリスト】

加藤貞顕氏(ピースオブケイク代表取締役CEO)
柿内芳文氏(編集者/STOKE代表取締役)

第3フォーラム「ティーンエイジャーと本」(14時20分から15時50分)

 朝読などを通じて、数多くの本を読む小学生。しかし卒業後は、年齢が高くなるにしたがって「不読率」が高まることが問題視されています。しかし、本当に「不読」なのでしょうか、あるいはこの「不読」は問題なのでしょうか。そしてそもそも、この「読」すなわち「読書」とは、何を指しているのでしょうか。図書館関係者を中心に語っていただきます。

【パネリスト】

野末俊比古氏(青山学院大学教育人間科学部教授・図書館長)
木下通子氏(埼玉県立浦和第一女子高校担当部長兼主任司書)
福田孝子氏(全国SLA学校図書館スーパーバイザー)

第4フォーラム「重要性を増す、本の“発売前”プロモーション」(14時20分から15時50分)

 出版流通が激変する中、いま必要なのは商品情報をいち早く書店や読者に流通させ、売れる環境を作っていくことです。本分科会では特に「発売前のプロモーション」に焦点を絞り、JPRO等を活用した発売前の書誌登録・予約活動や、著者や読者を巻き込んだ話題作りなどについて、各社の取り組み事例や課題を挙げ、今後出版業界としてどう変わっていくべきかを議論します。

【パネリスト】

小野寺優氏(河出書房新社)
古幡瑞穂氏(日本出版販売)
ほか

本の学校 交流会

 どなたでもご参加いただけます。本シンポジウムの登壇者に加えて、日ごろNPO法人本の学校の活動に参加、ご支援をいただいている皆様をお招きし、出版文化を育む人々の交流の場、明日への始まりの場といたします。

【会場】

トリッペリア モツーダ 神保町店(岩波神保町ビルB1

参加費

フォーラム(通し券) 2000円(学割:1000円)
交流会 4500円(学割:3500円)

主催

NPO法人 本の学校

後援

日本書店商業組合連合会
書店新風会
日本書籍出版協会
日本雑誌協会
日本出版インフラセンター
出版文化産業振興財団
版元ドットコム
日本出版学会
専修大学文学部

参加申込み

本の学校公式サイトのフォームより
http://www.honnogakko.or.jp/archives/1254

noteで書く

広告

About HON.jp News Blog編集部 453 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。

コメントする

avatar
1000
タグ: / / / / / / / / / /

関連コンテンツ