講談社、電子書籍キャンペーン「夏☆電書」で売上額が前月比208%になったことを明らかに

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】株式会社講談社(本社:東京都文京区)は8月4日、同社が7月1日から複数の電子書籍販売サイトでスタートした電子書籍販売促進キャンペーン「夏☆電書」により、売上額が前月比208%になったことを明らかにした。

 「夏☆電書」は電子書籍販売サイト14社と連携して行なわれている一大キャンペーンで、国内の大手出版社では初の規模。対象デバイスはPC・スマートフォン・電子書籍端末が中心で(ガラケーは除外されている模様)、提携サイト各社が趣向をこらし、講談社作品が割引される。

 同社によると、販売部数で文芸部門が「半落ち」(横山秀夫)、コミック部門が「宇宙兄弟」(小山宙哉)がそれぞれトップだったとのこと。【hon.jp】

問合せ先:講談社キャンペーンサイト( http://natsuden.kodansha.co.jp/top.html

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: