『5辛大盛がさえないボクに教えてくれた幸せな生き方』一圓克彦/小川仁志/中司祉岐/田中圭一(イラスト)/あさ出版/7月19日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

NetGalley
noteで書く

《この記事は約 4 分で読めます》

 哲学者とビジネスコーチが“さえないボク”を救う?

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

5辛大盛がさえないボクに教えてくれた幸せな生き方

一圓克彦/小川仁志/中司祉岐/田中圭一(イラスト)/あさ出版

内容紹介

5辛大盛がさえないボクに教えてくれた幸せな生き方 夢も目標もなく、ただ時間つぶしにバイトをしている主人公は、公務員を目指す専門学校も休みがちであった。好きなのは、カレーだけ。カレーに関しては、いろいろなお店を訪ねて食べ比べたり、自分で作ってみたりしている。この時だけが幸せ、ともいえる。

 ある日、いつものようにやる気なくバイトをしていたところ、金髪のおっさんが店長と共にやってきた。どうやら、店長にアドバイスをしに来たとのことだが、なぜか主人公までセミナーに参加する羽目に。

 さらに、そのセミナー後、商店街で「哲学カフェ」という怪しげなカフェの前で、ひげ面のこれまた怪しげなおっさんに出会う。彼を信じるならば、哲学者で、このカフェで哲学について考えたり教えたりもしているとか。カレーもあるというので、覗いてみることにしたのだが、その決断がえらい目に……。

 2人のおっさんと出会ったせいで、へんてこな毎日が始まってしまった。でも……悪くない。公務員をあきらめ、バイトを辞めて就職した先は超ブラック企業だし、ようやく抜け出したと思ったら、今度はインド?一人の青年が、働くとは何か、生きていくとは何かについて考えることにより、仕事、人生、人間関係について学び、実践し、成長していく物語。

 表紙イラストは人気漫画家の田中圭一氏。

【著者プロフィール】

小川仁志 哲学者・山口大学国際総合科学部教授 京都府生まれ。「哲学カフェ」を主宰するなど、市民のための哲学を実践中。NHK・Eテレ「世界の哲学者に人生相談」では指南役を務める。これまでに約100冊の著書がある。

一圓克彦 リピーター創出専門コンサルタント・顧客リピート総合研究所株式会社 代表取締役 大阪府生まれ。飲食業や福祉事業、IT事業や製造業など大小8業種、12社の企業経営を自ら経験した超実践型の経営コンサルタント。ノウハウを凝縮した講演会は好評を博し、全国1500か所に登壇した実績を持つ。

中司祉岐 株式会社日報ステーション 代表取締役 山口県生まれ。大手アパレルチェーン販売員として全国トップテンに入る業績を上げる。その営業・販売の実績は日々のメモ(日報)を活用した結果であったことから、そのノウハウを生かして、世の中にないビジネスをしようと決意し独立。日報コンサルティングを始める。関わった企業の85.6%を売上2倍以上にする。

おすすめコメント

 働く人たちに知っておいてほしい。就活生や新社会人、働くことにモヤモヤを抱えたビジネスマンにもオススメ。

 仕事の哲学 テレビで大人気の哲学者×セミナーが大人気のビジネスコーチが導く、働くことの本質とは。 「仕事は哲学や。考えんと意味ないっちゅうねん」 「一生懸命働くことによって、主人は奴隷の労働なしではやっていけなくなる。そうなったら奴隷の勝ちさ」 働く人が今を生き抜くためのビジネス哲学小説です。

販促プラン

 ぜひご紹介よろしくお願いいたします。コメントなどを拡材などに使用する場合がございます。

出版情報

発行形態:ソフトカバー
ISBN:9784866671345
税抜価格:¥1,300 (JPY)
ジャンル:文芸小説 , ビジネス/マネー
刊行日:2019/07/19

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/168982

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About HON.jp News Blog編集部 288 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。

コメントする

avatar
400
タグ: / / / / / /

関連記事