『大分断 格差と停滞を生んだ「現状満足階級」の実像』タイラー・コーエン(著)/渡辺靖(解説)/池村千秋(訳)/NTT出版/6月28日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

NetGalley
noteで書く

《この記事は約 3 分で読めます》

 アメリカ人はなぜ創造をやめたのか? デジタル技術はなぜ格差の拡大を生んだのか? 開拓者精神を失った世界はどこに向かうのか──。

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

大分断 格差と停滞を生んだ「現状満足階級」の実像

タイラー・コーエン(著)/渡辺靖(解説)/池村千秋(訳)/NTT出版

内容紹介

大分断 格差と停滞を生んだ「現状満足階級」の実像 全米ベストセラー『大停滞』『大格差』で話題を呼んだ経済学者が、安定・安全志向が強く変化を極度に嫌う「現状満足階級」の台頭が、企業間の競争やイノベーションを停滞させていることに警鐘を鳴らす。

 アメリカ人はなぜ創造をやめたのか? デジタル技術はなぜ格差の拡大を生んだのか? 開拓者精神を失った世界はどこに向かうのか──。トランプ以後の世界の行方を占う問題作。

[目次]

はじめに ── 日本は「現状満足階級」の先駆者だ
第1章 現状満足階級の誕生
第2章 移住大国の変容
第3章 甦る社会的分断
第4章 創造しなくなったアメリカ人
第5章 マッチング社会の幸福論
第6章 アメリカ人が暴動をやめた理由
第7章 活力を失った社会
第8章 民主主義の形骸化が進む
第9章 現状満足階級が崩壊する日
解説 タイラー・コーエンの思想的立ち位置──リバタリアニズム(自由至上主義)という視点 渡辺靖(慶應義塾大学SFC教授)
注/参考文献/索引

販促プラン

 経済・ビジネス書コーナーでの展開を希望。

 同著者の既刊2点(いずれも好評につき重版)『大停滞』ISBN9784757122802、『大格差』ISBN9784757123267との併売を希望します。

出版情報

発行形態:ハードカバー
ISBN:9784757123632
税抜価格:¥2,400 (JPY)
ジャンル:ビジネス/マネー
刊行日:2019/06/28

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/165572

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About HON.jp News Blog編集部 285 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。

コメントする

avatar
400
タグ: / / / / /

関連記事