印Infibeam社、電子書籍端末「Pi」シリーズに新モデル「Infibeam Pi2」を投入

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】インドInfibeam社(本社:インド・クジャラート州)は現地時間1月20日、同社が販売する電子書籍端末「Pi」シリーズの新モデル「Infibeam Pi2」を発表した。

 Infibeam社は2007年に旧Amazon出身者が設立したインドの大手オンライン・ショッピング・モール。今回発表されたPi2は、同社が2010年1月に発売したインド初の電子書籍端末「Infibean Pi」の後継機種で、6型E-Inkディスプレイ・タッチスクリーン・WI-Fi内蔵という仕様。ヒンディー語など15のインドの方言に対応。PDF、EPUB、HTML、DOCの各ファイルを閲覧可能。

 1月末まで11,999ルピー(21,800円)で先行予約を受け付け。インド製電子書籍端末は同社のこのPiシリーズのみとのことで、今後も機能向上とアップグレードを進めていく意向だ。【hon.jp】n

問合せ先:Infibeam社 のニュースリリース( http://news.infibeam.com/blog/news/2011/01/20/infibeam_announces_pi2_an_upgraded_version_of_pi_with_touch_and_connectivity.html

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連記事&広告