あのMotorola社も電子書籍端末に参入か? 中国でAndroid 2.1搭載型を開発中

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】複数サイトの報道によると、米通信機器メーカー最大手のMotorola社(本社:米国イリノイ州)が現在、電子書籍端末を中国Eastern Communications社(東方通信、本社:中国浙江省)と共同で開発中とのこと。

 「Motorola E-EMI」というコード名で開発中のこの謎の電子書籍端末は、6インチ・モノクロ電子ペーパー/Android 2.1/ペン・タッチ操作/16階調e-inkディスプレイ/Wi-Fi/micro-SDスロットというハードウェア仕様で、あくまでも中国市場向けとなっている模様。Eastern Communications社は1958年創業の通信機器製造メーカー大手で、Motorola社から技術供与を受け、EMS・電子金融サービス・ATM製造などを行っている。【hon.jp】n

問合せ先:Softpediaの報道( http://news.softpedia.com/news/Motorola-Android-eBook-Reader-Spotted-in-China-165250.shtml

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /