IllustratorがHTML5出力に対応、米Adobeが「Expansion HTML5 Pack for Illustrator CS5」を公開

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】Adobe Systems社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間の9月13日、同社販売するMac/Windows用イラストレーションソフト「Adobe Illustrator CS5」をHTML5出力対応にするプラグイン、「Expansion HTML5 Pack for Illustrator CS5」を無償公開した。

 Expansion HTML5 PackはIllustratorで制作されたベクター系作品を主要ブラウザで表示できるよう、現行のSVG対応機能を元にHTML5・CSS3混合形式で出力できるというもの。WebだけでなくEPUBなどHTML系電子書籍のデザイン現場は注目だ。

 なお、このプラグインのインストールには、あらかじめIllustrator CS5を最新版の15.0.1にアップデートしておくことが必要。【hon.jp】n

問合せ先:HTML5 Pack for Illustratorのページ( http://labs.adobe.com/technologies/illustrator_html5/index.html

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /