凸版印刷・大日本印刷が「電子出版制作・流通協議会」を7月27日に設立、でも事務局はなぜか「電通」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区)と大日本印刷株式会社(本社:東京都新宿区)は7月27日、電子出版ビジネスを推進する市場基盤のあり方を議論するための任意団体「電子出版制作・流通協議会」を7月27日に設立する。

 この協議会は、凸版印刷・大日本印刷が発起人となっており、株式会社電通(本社:東京都港区)が設立準備事務局を担当。電子出版ビジネスに関わる各方面の問題を協議し、市場の拡大に貢献することを目的とする。

 同協議会は賛同する他業界企業による参加も募集開始しており、年会費は監事会員が100万円、一般会員が24万円、賛助会員が5万円となっている。【hon.jp】n

問合せ先:「電子出版制作・流通協議会」のサイト( http://www.aebs.jp/ )

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / / /