書店業界の救世主となるか、日本でもユーザー急増中の米GPS連動ソーシャルネットワークサービス「Foursquare」

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米国で現在ユーザー数を急拡大しているGPS連動ソーシャルネットワークサービス「Foursquare」(本社:米国ニューヨーク州)は現地時間の7月7日、映画レビューサイトのIFCと提携し、ユーザーが現在位置近くにある映画館/書店などに関する案内メッセージを自動受信できる機能を追加した。

 Foursquareはデバイスを問わず、ユーザー同士で街の注目スポットや飲食店などに関する情報交換ができるSNSで、とくにスマートフォンユーザーからの人気が高い。全米だけでなく日本を含む世界中でユーザーが急増中の、今年もっとも注目されるネットベンチャーである。今回のIFCとの提携により、Foursquareユーザーは仮想ユーザー「IFC」をフォローすることにより、現在地点近くにある映画館や書店などに関するメッセージを自動的に受け取れるようになる。

 Foursquareは小売店オーナーにとって、Twitterやmixiなどよりも有望な無料集客ツールになると見られており、日本国内においても今後書店オーナーたちがいろいろなかたちでプロモーションに活用することが予想される。【hon.jp】n

問合せ先:米FastCompany.comの記事( http://bit.ly/diSt8m

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: