堀鉄彦セミナー「デジタルコンテンツビジネス、2019年のトレンドを予測する」2月25日開催(電子出版制作・流通協議会)

電流協

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

 一般社団法人電子出版制作・流通協議会(電流協)は2月25日、オープンセミナー「デジタルコンテンツビジネス、2019年のトレンドを予測する」を開催する。登壇者は電流協電子出版ビジネスモデル研究会のタスクフォースリーダー堀鉄彦氏(コンテンツジャパン代表取締役)。

イベント概要

日時

2019年2月25日(月)15時から16時30分(14時30分受付開始)

場所

東京都千代田区一番町25番地
JCIIビル 6階会議室(地図

内容
  1. 2018年はどんな年だったか?成功事例・注目事例を徹底分析
    • 注目のサービス
    • 注目の会社
    • 注目の技術
    • 注目の制度
  2. ニュースからみた2018年から2019年に向けての構造変化
    • コンテンツビジネスを席巻する「サブスクリプション化」の波
    • ブロックチェーンとAIが生み出しつつある新しい出版環境
  3. データファースト時代の出版ビジネス
    • 情報銀行、著作権法改正、流通再編
    • GAFA問題の構造変化
    • 変わる金融、変わる流通。そして生まれる新ビジネス
    • 主導権はどこがとる?
登壇者

堀鉄彦氏(株式会社コンテンツジャパン代表取締役/株式会社ブロックチェーンハブ インダストリーアナリスト)

参加費

電流協会員社:無料
非会員社:2000円(当日会場にて支払い)
定員100名

主催

電流協

参加申込み

電流協オープンセミナーのページから
https://aebs.or.jp/seminar20190225.html

HON.jp News Blogは広告費のほか、みなさまからの寄付金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About HON.jp News Blog編集部 161 Articles
HON.jp News Blogは、デジタル革命により激動の時を迎えた出版という営みの未来を拓くため、革新的(イノベーティブ)な動きや考えをニュース・コラムなどの形で紹介・解説・提案する非営利のメディアです

関連記事

ABJマーク正式運用開始とダウンロード違法範囲の拡大  本稿は「出版ニュース」2019年1月上中旬号へ寄稿した原稿の転載です。以下、縦書き原稿を横書きに変換してあるのと、リンクを張ったり改行を少し増やしたりしてありますが、文体は掲載時のまま(常体)です。  情報法制研究所(JILIS)が9月2日に開催した「著作権侵害サイトによる海賊版被害対策に関...
矢口博之×星野渉×梶原治樹×植村八潮セミナー「2018年電子出版ビジネスの現状と今後の展望―文化通信アンケート調査による―」2月28日開催(電子出版制作・流通協議会)...  一般社団法人電子出版制作・流通協議会は2月28日、オープンセミナー「2018年電子出版ビジネスの現状と今後の展望―文化通信アンケート調査による―」を開催する。パネリストは、矢口博之氏(東京電機大学理工学部准教授)、星野渉氏(文化通信社専務取締役)、梶原治樹氏(扶桑社販売部担当部長)。コーディネータ...
海賊版サイトと正規版サイトがだれでも判別できる「ABJマーク」の使用申請が受付中 〜 正式運用開始は11月30日から...  海賊版サイトと正規版サイトがだれでも簡単に判別できる「ABJマーク(ホワイトマーク)」の使用申請受付が、一般社団法人電子出版制作・流通協議会(以下、電流協)のサイトで始まった。すでに説明会も数回開催されている。正式運用の開始予定は11月30日から。  ABJマークは、電子出版物の配信事業者に...
電子図書館サービス導入数は78館81自治体に ~ 電流協『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告2018』...  一般社団法人電子出版制作・流通協議会(以下、電流協)は10月29日、公共図書館の電子図書館サービス利用状況に関する調査レポートの最新版『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告2018』を11月10日に発行することを発表した。今回のアンケート調査によると、電子図書館サービスを導入している公共図書館...
電流協、電子図書館を導入している公共図書館78館の一覧を発表  一般社団法人 電子出版制作・流通協議会(以下、電流協)は8月31日、有料で販売されている電子書籍を無料で貸出するタイプの電子図書館サービスを導入している自治体の公共図書館一覧を公表した。今後は電流協公式サイトにて、年4回程度の頻度で定期更新していく予定とのこと。  電流協によると、2018年...