米Google、クラウド印刷サービス「Google Cloud Print」を開発中であることを明らかに

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】検索最大手のGoogle社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間の4月15日、スマートフォンやパソコンユーザーがネットを介して世界中の好きなプリンタで書類印刷が行なえるクラウド型の印刷サービス「Google Cloud Print」を開発中であることを発表した。

 このGoogle Cloud Printは、同社が年内リリース予定のブラウザベースのOS「Chrome OS」のプリンタ印刷の仕組みとして開発が着手されたもの。Webブラウザから直接、ネット上の指定プリンタに印刷データを送る“Webサービス”となっているため、Chrome OS以外にも、WindowsやMac、スマートフォンやタブレット機でも応用が可能であるとしている。これが実際に稼働した場合、Google社はある意味で世界最大の製版会社になってしまう可能性もある。

 Google社では現在Windows用のproxyを開発中で、WebサービスAPIの仕様もなんとか数ヶ月後に公開したいとのこと。【hon.jp】n

問合せ先:Google Cloud Printプロジェクトページ( http://bit.ly/azKSjy

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ